会社案内 

会社案内

丸十_事務所写真

2005年、私たち丸十は、従来の本社工場と第二工場を統合し、ひとつの敷地に新社屋・新工場を建設しました。この新たな出発にあたって私たちが掲げたコンセプトは、情報技術を駆使したDigital IT Factoryでした。コンピューターで作成されたデータが情報ネットワークによってマシンとつながり、製品が間断なく正確かつ効率的に加工されていく・・・。この生産体制を可能にしたITの発達とともに、単なるInformation(情報の伝達)だけでなく、強固な人的ネットワークを生かした情報交換と、作り手のIntelligence(知力)を生かした、高いレベルのモノづくりの基盤を構築しました。

これに加えて、次の時代に向けて私たちが重視しているのが、過去の加工実績です。一つ一つの製品には、私たちにしかできないノウハウや創意工夫が詰まっています。そしてこれは大きな財産です。時代が変わっても、最新鋭の設備を動かす、私たちの独自の技術力は、いつもここから生まれます。

つまり私たちは、「次世代のモノづくり」が叫ばれる中、新しい加工のノウハウや、生産システムは、過去のたくさんの経験の中から生まれてくると考えております。お客様の求めていることに対応するため、常に高いレベルでのモノづくりを行うとともに、知的財産として蓄積される技術基盤の向上をはかっています。

経営理念

社訓
  1. 信用を重んじ誠実を尽くし お得意様と共に発展する
  2. 常に技術の向上を目指し 永遠に繁栄する
  3. 勤労を喜び 和をもって社員の幸福を築く
代表取締役社長 松尾將勝

代表取締役社長 松尾將勝

この社訓は一見地味ではありますが、
大変奥深いものであると思います。

今、世の中はものすごいスピードで変化し、多様な考え方、価値観で溢れていますが、どんなに時代が変わっても変わらないものがここにあります。

私たちは、多種多様なお客様のニーズに全力でお応えすることでお客様に喜んでいただき、また、地域、社会に、真に貢献できるよう、日々、たゆまぬ努力を続けてまいります。

第62期(2021年度) 品質方針

我々は品質方針を以下の様に宣言する

板金加工を通じて、地域社会の発展に寄与する
「使って喜ばれる」ものづくり伝統に起こった企業を目指す
  1. 高付加価値製品(組立品・完成品)の提供
  2. 安全・安心・安定した製品の提供
  3. 製品リードタイムの短縮・管理
お問い合わせはこちらから

このページの先頭へ