会社沿革 

kama鎌の製作から、丸十は始まりました

1931松尾清市鎌製作所創業
1947実用新案 藁切機の製造開始
1960.1丸十刃物有限会社 設立
代表取締役 松尾清市 就任
1964.5薄板精密板金設備導入 スチール家具製造開始
1970.1NCタレパン、プレスブレーキ、各種プレス、溶接機等設備導入
精密板金加工分野へ転換
1972株式会社丸十へ社名変更
代表取締役 松尾太一就任
1991.12第2工場 新設
NCT-FMSライン導入
1992.4代表取締役 松尾太一会長 就任
1995生産管理システム導入
1996.8YAGレーザー溶接機導入
薄板精密板金溶接体制確立
1998.10第10回優秀板金製品技能フェア 金賞 日刊工業新聞社賞受賞
CAD/CAM自動プログラミング装置導入
1998.10630t冷鍛プレス導入
1999.11自動車用精密部品製造開始
2000.12ISO-9000取得
2002.4代表取締役社長 松尾將勝 就任
2005.3新工場完成(本社工場と第2工場を統合)
超精密レーザーパンチ複合機・レーザー単体機導入
第3の創業スタート
2008.123次元プログラムシステム レーザーQCシステム導入
2009.6トルンプ社のレーザータレパン複合機”TruMatic 7000″、プレスブレーキ”TruBend7036″、TruBend5130″導入
2010.12トルンプ社のYAGレーザ溶接ロボットシステム”TruDisk”
2011創業80周年<伝統からの出発>
2011.4トルンプ社のレーザネットワークシステム、パンチ&YAGレーザ複合機”TruMatic 3000 fiber”導入
2013.1トルンプ社のハンドレーザ溶接システム”TruLaser Handy”を導入
2014.7ベトナム独資工場投資ライセンス取得
2015.9ベトナム独資工場建設開始(ハナム省ドンヴァンII工業団地内)
2015.10トルンプ社の次世代レーザ複合機”TruMatic 6000 fiber”導入(本社)
2016.4

丸十ベトナム有限会社(MJV)操業開始(ベトナム ハナム省)<世界へ挑戦>

お問い合わせはこちらから

このページの先頭へ